ドライブウェイを出たら、虹が家の前の牧場の上いっぱいにかかっていた。
それは次第に濃くなって、根元の方はまるで火焔を放っているかのように、七色の光を放っている。 虹の全景を見られるのもめずらしいけれど、(私のカメラでは収まらず) こんなに濃い虹を見るのも久しぶりかもしれない。 なんだかいい予感。
この虹に見送られるようにしてハワイを発つ人の前途は、きっと明るいんだろうなぁ。 それは私の母、成田まで乗り換え無しで行かれるようにと、コナ空港へ送りに出た朝のことだ。
「着いたわよ」 の電話を受けて、その明るい前途を知ることになった。

高齢者の旅は、子供の一人旅と同じように 搭乗や荷物の受け渡しなどを乗務員がお世話をしてくれるサービスがあって、エコノミーながらちょっとだけ特別扱いをしてもらえるのだけど、
その日ホノルル→成田はほぼ満席だったそうで、母の隣に座ったご夫婦も一人旅の老人に気遣っていろいろ話しかけてくれたそうだ。 と母は思っていたのだけど、スッチー譲は、母が迷惑してはいないかと、さらなる気遣いで、「よかったらビジネスへどーそ。。。」と、アップグレードしてくれたという。。。。

f0115308_18192288.jpg


ハワイに住む前のこと。 年に一度はヒロへ来ていた時期が私にもあって、あの頃は、ヒロを去りがたい思いを雨が和らげてくれるような気がしていた。 虹なんかに見送られちゃったら、思いっきり後ろ髪を惹かれてしまうだろうと・・・・
でも今は、虹に見送られるほど前途の明るい人生であったらいいと思う。
[PR]
by guide_a_fuku | 2007-05-03 16:14 | Hawaiian Daily Life
<< ハイキング日和 ハワイアン・ソルト >>